スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

上場株式等に係る配当所得等の課税方式について

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2021年12月28日

コンテンツ番号92261

上場株式等に係る配当所得等の課税方式について

所得税及び復興特別所得税の確定申告において、総合課税又は申告分離課税を選択した上場株式等に係る配当所得等及び譲渡所得等について、納税通知書が送達される日までに確定申告書とは別に市民税・県民税申告書をご提出いただくことにより、所得税と市民税・県民税で異なる課税方式(申告不要制度、総合課税、申告分離課税)を選択できます。

(例)
・所得税⇒総合課税を選択
・市民税・県民税⇒申告不要制度を選択

市民税・県民税で申告不要制度を選択する場合は、納税通知書が送達される日までに、市民税・県民税申告書と併せて市民税・県民税申告書付表をご提出ください。

※令和3年分(市民税・県民税の課税年度としては令和4年度)以降の所得の申告については、所得税の確定申告の際に所定の手続をしていただくことにより、市民税・県民税において申告不要を選択できることとなりました。その場合、市民税・県民税申告書及び付表の提出をしていただく必要はありません。詳しくは次のリンク先をご覧ください。

令和4年度から実施される主な税制改正について

お問合せ先

かわさき市税事務所  市民税課市民税係(電話:044-200-3882)
こすぎ市税分室     市民税担当     (電話:044-744-3231)
みぞのくち市税事務所 市民税課市民税係(電話:044-820-6560)
しんゆり市税事務所   市民税課市民税係(電話:044-543-8958)

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。