スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

現在位置:

ふるさと納税によって流出している市税は、本来は、私たち川崎市民のために使われる貴重な財源です。

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2021年10月21日

コンテンツ番号109019

コラム

(画像をクリックいただくとPDFが開きます。)

ふるさと納税をすると市の税収が減ってしまいます。

ふるさと納税とは、納税されている方が、応援したい自治体に寄附することにより、寄附額のうち一定額が個人住民税等から控除される制度です。川崎市民の方が他の自治体に寄附をすると、川崎市の税収が減少する側面があります。

年々このふるさと納税による減収額が拡大しています。

このままの状態が続くと、市民の皆様に提供する行政サービスに影響が出るおそれがあります。

現状を嘆くのではなく、取組を進めています! 


1. 令和3年6月、国に対して、ふるさと納税に係る財政措置等について要請活動を行いました。

2. 令和3年7月から、ふるさと納税ポータルサイト「楽天ふるさと納税」においてもふるさと納税の受入れを開始しました。今後は、「ふるさとチョイス」及び「ふるぽ」に加え、「楽天ふるさと納税」の3つのサイトからふるさと納税の申し込みが可能となります。

3. 学校を指定できる寄附金「学校ふるさと応援寄附金」など、寄附の使い道が明確なメニューの充実を図っています。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

お問い合わせ先
川崎市 財政局税務部税制課
〒210-0006 川崎市川崎区砂子1-8-9 川崎御幸ビル5階
電話:044-200-2197
ファクス:044-200-3906
メールアドレス:23zeisei@city.kawasaki.jp