スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

CSF(豚コレラ)について

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2019年11月29日

CSFについて

このページでは、CSFに関する食の安全について掲載します。

リーフレット:CSF(豚コレラ)は人に感染しません。(PDF形式,191.61KB)

(PDF形式,159.44KB)

CSFとは

CSFウイルスにより起こる豚、いのししの熱性伝染病で、強い伝染力と高い致死率が特徴です。感染豚は唾液、涙、糞尿中にウイルスを排泄し、感染豚や汚染物品等との接触等により感染が拡大します。治療法はなく、発生した場合の家畜業界への影響が甚大であることから、家畜伝染病予防法の中で家畜伝染病に指定されています。※農林水産省HPより

CSFウイルスは人に感染するのか

CSFは、人に感染することはありません。

CSFに感染した肉が販売されることはあるのか

豚は、と畜場法に基づき、全頭、都道府県等のと畜検査員が異常や疾病がないか検査しています。豚肉は、この検査に合格したものだけが市場に流通しているので、CSFに感染した豚肉が販売されることはありません。また、万が一CSFに感染した豚肉を食べたとしても人体に影響はありません。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 健康福祉局保健所食品安全課

〒212-0013 川崎市幸区堀川町580番地 ソリッドスクエア西館12階 なお、郵便物の宛先は「〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地」としてください。

電話:044-200-2445

ファクス:044-200-3927

メールアドレス:40syoku@city.kawasaki.jp