スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

現在位置:

川崎市生産性向上・働き方改革推進事業者表彰式を開催しました(令和2年3月23日)

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2023年11月9日

コンテンツ番号116532

川崎市生産性向上・働き方改革推進事業者表彰式の様子

川崎市生産性向上・働き方改革推進事業者表彰について

 本市では、平成30年4月に市内の支援機関や金融機関などと連携した「川崎市働き方改革・生産性革命プラットフォーム」(以下、プラットフォーム)を設置し、市内中小企業の働き方改革や生産性向上を促進しています。

 このたび、公的施策の活用や独自の活動等により創出された先進的・効果的な取組を行う市内中小企業7社をを選定・表彰しました。

 この表彰により、市内で創出された有効な取組の幅広い業種への普及・啓発を図るとともに、表彰企業のPR(市ホームページでの紹介や事例集への掲載)、求職者とのマッチング支援等を通じて、当該中小企業のイメージアップや人材の育成・確保につなげていきます。

 なお、本事業は経済産業省関東経済産業局による後援を受けて実施いたしました。

日時・場所

令和2年3月23日(火)午後3時~午後3時30分 川崎市役所第三庁舎18階講堂

表彰企業(7社)

1  株式会社フジメタル(川崎区・半導体製造業)外部リンク
 機械加工自動化ロボットシステムの導入(無人で平日夜間・休日稼動)により、生産性の大幅な向上につなげ、取引先からの増産要望に応え、利益向上を実現している。
 増産による利益は従業員の給与面に反映し、一人当たりの残業時間は約60%削減(月50時間→22時間)。また、有給取得や育児休暇の取得がしやすい環境の整備により、働き方改革を併せて推進している。

日崎工業株式会社(川崎区・金属加工業)外部リンク
 それまで頻繁に生じていた電話の取次時間(3時間/日)を社員全員にスマートフォンを貸与することにより削減するなど、生産性の向上を推進している。
 年間休日の増加(119日から124~5日に増加)を実現し、休日増加後も給与水準を維持するとともに、社員の将来設計を後押しするキャリアビジョン制度を導入している。さらには経常利益の30%は年2回の賞与とは別に決算賞与として社員に還元するなど働き方改革を併せて推進している。

3 株式会社渡辺土木(川崎区・建設業)外部リンク
 受注工事や現場の情報に従業員全員がアクセスできるよう電子データを共有化し、始業及び終業時には必ず社員相互に情報交換を行うなど、日頃から社員相互が迅速にカバーし合える環境を構築するともに、情報機器を短い期間で更新することなどにより、生産性の向上を推進している。
 一斉退社の推進、有給取得率アップ(75%から95%へ向上)、残業時間の削減(月20時間/人から1時間/人)、男性従業員の育児休暇制度の導入等、働き方改革の取組も併せて推進している。

4  株式会社東邦プラン(幸区・広告業)外部リンク
 デザイナーが使用する情報機器は常に最新のものに更新し、全社員がアクセス可能な共有システムを導入するなどにより、生産性の向上を推進している。
 ワークシェアリング(複数人体制で業務にあたり、専任者と補助者を決め、管理者が時間配分を決定)、5S活動等の取組等により、残業時間を52%以上削減(月38時間から18時間に20時間削減)、有給取得率94%(53%から41%向上)、年間休日出勤ほぼゼロ(以前は10日程度)、休暇の増加などの働き方改革も併せて推進している。

5 エレックス工業株式会社(高津区・電子機器製造業)外部リンク
  一つの製品に使用する大量の部品のコネクタやプラスチック製の箇所に管理番号を1つ1つ刻印する補助作業があり、従来テプラ貼付による手作業等、多くの時間をかけて対応してきた。この作業をレーザーマーカーを導入することにより、作業時間の52%削減(月20.4時間から9.7時間へ10.7時間の削減)とテプラの材料コストなど月5.4万円の削減を実現し、生産性を向上している。
 全従業員が参加する朝ミーティングを行い、社内コミュニケーションを高めるとともに、夜9時以降は原則残業禁止、土日出勤ゼロとし、女性社員の残業時間は完全ゼロ(女性は主に製造や総務・手配事務など担当)、全社員の年間の平均でも一人あたり月5時間程度を実現するなど、働き方改革を併せて推進している。

6 上代工業株式会社(高津区・金属製品製造業)外部リンク
 それまで工場内の黒板で行っていた進捗管理について、帳票類のバーコードで読み取り、データを一元化するとともに、情報端末を導入し、全社員に貸与することで、各作業者が端末で業務進捗を把握できるようにし、手書きの日報を電子化するなどにより、月間約90時間の時間短縮、情報共有化による情報伝達の齟齬等の防止に繋げるなど、生産性の向上に取り組んでいる。
 従業員が働きやすい環境整備に取り組み、有給の取得率も50%から70%に向上している。また、福利厚生の充実化、リフレッシュルームやジムスペースを設置するなど、働き方改革に併せて取り組んでいる。

7 有限会社イルフェジュール(麻生区・洋菓子製造小売業)  外部リンク
 機密性の高いスチームコンベクションオーブンを導入したことにより、焼き時間を1日約2時間短縮するとともに、鉄製天板からアルミパンチ天板に軽量化することで従業員(大半が女性)の作業負担を軽減。鉄製型からシリコン製のマフィン型に替えたことにより、離型剤の費用と噴霧工程の削減とロス率の低減(5%から1%に80%削減)を実現するなど、生産性の向上に取り組んでいる。
 商品構成の絞り込みにより、従業員の負担を軽減し、変形労働時間制の導入により夏季(4~11月)を7時間勤務としたうえで残業時間をゼロとした。また、育児休暇制度を導入するなど働き方改革に併せて取り組んでいる。

川崎市生産性向上・働き方改革推進事業者表彰企業について【紹介資料】

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 経済労働局産業政策部企画課

〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地

電話:044-200-2332

ファクス:044-200-3920

メールアドレス:28kikaku@city.kawasaki.jp