スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

現在位置:

「動物園等における飼養鳥に関する高病原性鳥インフルエンザへの対応指針」について

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2020年12月28日

コンテンツ番号123922

 現在、家きんと野鳥において、鳥インフルエンザが国内複数箇所で発生しており、感染の拡大傾向が続いています。

 このような状況では、鳥類展示施設の管理者や飼養者の方は、飼養鳥に対する感染防止対策を十二分に行うことが必要です。

 「動物園等における飼養鳥に関する高病原性鳥インフルエンザへの対応指針」をご確認いただくとともに、同指針に基づき、早期発見やウイルスの拡散防止・防疫措置等の徹底をお願いします。

【環境省】動物園等における飼養鳥に関する高病原性鳥インフルエンザへの対応指針

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 健康福祉局保健医療政策部 生活衛生担当
〒212-0013 川崎市幸区堀川町580番地 ソリッドスクエア西館8階
なお、郵便物の宛先は「〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地」としてください。
電話:044-200-2448
ファクス:044-200-3927
メールアドレス:40seiei@city.kawasaki.jp