スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

(2)小児医療費助成制度における所得制限について

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2022年6月24日

コンテンツ番号132195

所得制限の対象

1歳~小学校6年生のお子さまに、申請者(保護者)の方の所得制限があります。

所得審査は、次のタイミングで行っています。

(1)1歳到達のお子さま

1歳の誕生月の末日(1日生まれのお子様の場合は、1歳の誕生日の前日)までの医療証をお持ちの方は、有効期間の終了する月に保護者の所得審査を行い、翌月以降の医療証の交付・不交付について決定します。

所得限度額未満の場合、有効期間の終了する月の翌月から、次の8月31日までの医療証が交付されます。

所得限度額以上のため医療証が交付されない場合は、次の8月に新たな年度の所得で審査を行います。

(例)川崎市内で、令和2年10月2日に生まれたお子さま

令和2年10月2日~令和3年10月31日までの医療証が交付され、

令和3年10月に、申請者(保護者)の方の令和3年度(令和2年1月~12月分)所得の審査を行い、

所得限度額未満の場合、令和3年10月下旬に、令和3年11月1日~令和4年8月31日までの医療証が交付(郵送)され、次回は令和4年8月に令和4年度(令和3年1月~12月分)所得の審査を行います。

所得限度額以上の場合は医療証が不交付となり、令和3年11月1日~令和4年8月31日までは医療証が使えません。次回は令和4年8月に令和4年度(令和3年1月~12月分)所得の審査を行います(手続きは不要です)。

(2)小学校3年生のお子さま

小学校3年生のお子さまで、保護者の所得が限度額未満の方には、小学校3年生の年度末(3月31日)までの医療証が交付されています。

小学校3年生の3月に、改めて所得審査を行い、3月下旬に新しい医療証を発送します。

(3)上記以外のお子さま

出生時、転入時などに一度小児医療証の申請をいただいた方については、特に手続きをしていただかなくても、毎年8月に一斉に所得審査を行います。

所得審査の結果、限度額未満であった方には新しい医療証、所得限度額以上であった方には不交付決定通知書を8月下旬に発送します。

ただし、所得が判明しなかった方など、手続きが必要な場合はその旨を郵送にて通知します。

所得審査の対象

1歳以上のお子さまの保護者(申請者)

申請者とは、原則として父母のうち、所得の高い方(生計中心者)です。

所得限度額について

所得限度額

 課税年度前年の12月31日時点の

扶養人数

 所得限度額

(限度額未満であれば医療証交付)

 収入額の目安
 0人 6,300,000円 約8,333,000円
 1人 6,680,000円 約8,756,000円
 2人 7,060,000円 約9,178,000円
 3人 7,440,000円 約9,600,000円
4人以上1人増えるごとに380,000円を追加
  • これらの所得限度額には、社会・生命保険料控除相当額として、一律8万円をあらかじめ加算しています。
  • 扶養人数として含まれるのは、地方税法上の扶養対象として届け出ている方となります。(例:0~15歳の年少扶養、配偶者【配偶者特別控除対象者を除く】、一般扶養、老人扶養など)

所得の計算方法

(1)給与所得者の方

給与所得控除後の金額(総所得金額)-10万円+その他の所得(下記(3))-各種控除(下記(4))

(2)事業所得者の方

(年間収入-必要経費)+その他の所得(下記(3))-各種控除(下記(4))

(3)その他の所得に含まれるもの

退職所得山林所得、土地等に係る事業所得等、長期譲渡所得、短期譲渡所得、商品先物取引に係る雑所得及び条約適用利子・配当等

(4)各種控除に含まれるもの

  • 雑損控除・医療費控除・小規模企業等掛金控除 :控除相当額
  • 障害者控除(特別):270,000円(特別400,000円)
  • 寡婦控除・勤労学生控除:270,000円
  • ひとり親控除:350,000円

これらの控除については、年末調整又は確定申告等で手続きをしていただく必要があります。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 こども未来局こども支援部こども家庭課

〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地

電話:044-200-2695

ファクス:044-200-3638

メールアドレス:45kodoka@city.kawasaki.jp