スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

公園でのルールづくり事例

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2019年10月21日

コンテンツ番号101973

川崎区冥加(みょうが)公園での事例

平面図

平面図

【公園の状況】

 ・ 3,135平方メートルのうち約半分が広場

 ・ 「サッカー、野球禁止」看板が設置

【相談内容】

  「サッカー、野球禁止」の看板があるため子どもたちがボール遊びをしづらいと

  いう子育て世代の方から、ボール遊びができる環境にしたいとの申し出あり。  

【ワークショップの取組】

  池上新町町内会館で計7回

  参加者:申し出人、 PTA、公園に隣接する町内会、管理運営協議会、

      川崎区役所職員(地ケア担当) (延べ10~15人)

【取組の結果】

 ・現状の禁止看板を変更

 ・広場でボール遊びができることを地域に周知

 ・参加者意見で作成したチラシを地域に配布

 ・イベントも開催し、更に周知

写真

実施後写真

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 建設緑政局緑政部みどりの企画管理課

〒210-0007 川崎市川崎区駅前本町12-1  川崎駅前タワー・リバーク17階

電話:044-200-2394

ファクス:044-200-3973

メールアドレス:53mikika@city.kawasaki.jp