スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

現在位置:

「王禅寺四ツ田緑地利活用運営業務委託」に係る公募型プロポーザルの実施について

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2022年6月6日

コンテンツ番号135997

「王禅寺四ツ田緑地利活用運営業務委託」の受託者を特定しました。

「王禅寺四ツ田緑地利活用運営業務委託」の受託者の特定を、公募型プロポーザル方式にて実施し、次のとおり、受託者を特定しました。

1.委託件名及び履行期間

(1)業務委託件名:王禅寺四ツ田緑地利活用運営業務委託

(2)履行期間:令和4年4月1日から令和5年3月31日まで

2.受託者名及び受託者を特定した日

(1)受託者名:特定非営利活動法人 国際自然大学校

(2)受託者を特定した日:令和4年3月1日

3.選定経過

(1)プロポーザル評価選考委員会実施日:令和4年3月1日

(2)提案業者:1社

(3)評価の基準:

     ア.事業目的の理解度

     イ.事業執行体制の整備

     ウ.事業の運営力

     エ.同種・類似業務の実績

     オ.業務に対する費用の妥当性

(4)選定理由

   参加者から提出された企画提案書を、(3)評価の基準に基づき、総合的に審査

   を行った結果、基準点を満たしていたことから、受託者として特定しました。

 

評価結果
提案者名評価点数(700点満点)
特定非営利活動法人 国際自然大学校520点

「王禅寺四ツ田緑地利活用運営業務委託」に係る公募型プロポーザルの実施について【募集は終了しました】

「王禅寺四ツ田緑地利活用運営業務委託」に係る公募型プロポーザルを、次のとおり実施いたします。

募集概要

1 目的

本市では、保全緑地に残る貴重な自然環境を活かし、自然体験や環境学習などの場として有効活用することで、次世代を担う子どもたちが自然にふれあい、体験するなかで、緑への愛着を醸成するとともに、利用者自らが、必要な樹林地管理を主体的に行うことにより、持続可能な協働の担い手の確保につなげ、保全緑地の利活用と健全な樹林地環境の保全の好循環を創出する取組を推進しております。

取組のモデル地区となっている王禅寺四ツ田緑地において、王禅寺四ツ田緑地保全活用方針(案)に基づき、貴重な自然環境の中で、さまざまな野外活動体験を通して元気な川崎の子どもを育む、冒険心に満ちた「(仮称)四ツ田わんぱくの森」として、緑地の利活用を推進し、緑地の保全へとつなげていくため、本業務を実施します。

王禅寺四ツ田緑地における利活用と保全の好循環に向けた取組について(PDF形式,515.29KB)

2 業務名

王禅寺四ツ田緑地利活用運営業務委託

3 契約期間

令和4年4月1日から令和5年3月31日まで

4 業務場所

王禅寺四ツ田緑地(川崎市麻生区王禅寺字四ツ田1028-2)

王禅寺四ツ田緑地について(PDF形式,384.55KB)

日程

公募後の受託候補者選定までの実施手順(概要)は次表のとおりです。

実施手順

内容

期間等

参加意向申出書提出期間

令和4年1月11日(火)~令和4年1月25日(火)

※閉庁日(土曜日、日曜日及び休日)を除く。

参加資格審査結果通知

令和4年1月28日(金)

質問受付期間

令和4年1月28日(金)~令和4年2月4日(金)

質問回答

令和4年2月10日(木)

企画提案書等提出期間

令和4年2月10日(木)~令和4年2月22日(火)

審査

令和4年3月1日(火)(予定)

受託候補者選定結果の通知

令和4年3月中旬を予定

その他

詳細については、「プロポーザル実施要領」を御確認ください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 建設緑政局緑政部みどり・多摩川協働推進課 協働推進担当

〒210-0007 川崎市川崎区駅前本町12番地1 川崎駅前タワー・リバーク17階

電話:044-200-2365

ファクス:044-200-3973

メールアドレス:53mikyo@city.kawasaki.jp