スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

サイト内検索の範囲

現在位置:

円盤録音再生機DR-14-B (えんばんろくおんさいせいきDR-14-B)

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2016年1月25日

 NHKは、昭和15(1940)年に予定されていた東京オリンピック(第二次世界大戦勃発により中止)を見据え、放送用録音機の国産化に向けた活動を当時スタートさせた。DR-14-Bは、当時日本で唯一の録音機製造会社としてデビューした電音(現・デノン)が、国産で初めてNHKに納入した円盤録音機である。昭和14(1939)年に完成し、約10年間にわたり放送用録音機の主役を務めた。
 戦争の終結を日本全国に告げた玉音放送は、デノンの円盤録音機によって録音再生された。

円盤録音再生機DR-14-B 

※非公開

資料所在地

川崎市川崎区日進町2-1 D&Mビル
(株)ディーアンドエムホールディングス内

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 川崎区役所まちづくり推進部地域振興課

〒210-8570 川崎市川崎区東田町8番地

電話:044-201-3136

ファクス:044-201-3209

メールアドレス:61tisin@city.kawasaki.jp