スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

サイト内検索の範囲

1250HP圧縮機 (1250HPあっしゅくき)

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2016年1月20日

 1250HP圧縮機は、硫安(硫酸とアンモニウムが結合した代表的な窒素肥料)の素になるアンモニア合成の過程で使われる装置。
 昭和5(1930)年、昭和電工(当時の昭和肥料)川崎工場に設置され、現在も同工場内で稼動している。純国産技術による先駆的装置で、ねじを1本も使わないのが特徴。当時の日本では輸入技術に頼らなければ、合成硫安の生産は不可能だと考えられていたため、国産技術によるアンモニア合成の成功は、国内の化学工業の技術力向上と昭和の経済危機を突破する契機となった。

1250HP圧縮機

※非公開

資料所在地

川崎市川崎区扇町5-1 昭和電工(株)川崎事業所内

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 川崎区役所まちづくり推進部地域振興課

〒210-8570 川崎市川崎区東田町8番地

電話:044-201-3136

ファクス:044-201-3209

メールアドレス:61tisin@city.kawasaki.jp