現在位置:

国産初の電気冷蔵器 (こくさんはつのでんきれいぞうき)

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2018年11月5日

 昭和5(1930)年に芝浦製作所(現・東芝)東京工場で完成した日本最初の家庭用電気冷蔵庫で、米GE社製品をモデルに研究・開発された。内容積125L、重量157kgと金庫を思わせる堂々たる風格で、密閉型首ふりシリンダ圧縮機・凝縮器・制御装置がキャビネットの上に露出したモニタートップ型が特徴。
 その後、幾多の検討を重ね、昭和8(1933)年に純国産電気冷蔵庫として発売が開始され、この頃は「電気冷蔵器」と呼ばれた。当時、冷蔵庫といえば氷で冷やすのが一般的だったが、その氷冷蔵庫を持っている家庭も少なく、まして価格が720円(当時小学校教員の初任給45円)で、庭つきの家が一軒買えるほど、電気冷蔵庫は庶民にとって超贅沢品だった。
 昭和10(1935)年には、圧縮機や凝縮器をキャビネットの下部に納めたフラットトップ型冷蔵庫が発売され、この頃から「電気冷蔵庫」という呼称が定着していった。
 近年、日本機械学会で機械遺産に認定された。

国産初の電気冷蔵器

見学可

見学申込方法

予約不要

見学可能日時

月曜(祝日を除く)・特定休館日


 火~金曜:10:00~17:30
 土日祝:10:00~18:00

問合せ窓口

東芝未来科学館

電話番号

044-549-2200

資料所在地

川崎市幸区堀川町72-34 ラゾーナ川崎東芝ビル2階 東芝未来科学館内

URL

アクセス

JR川崎駅西口より徒歩1分

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 川崎区役所まちづくり推進部地域振興課

〒210-8570 川崎市川崎区東田町8番地

電話:044-201-3136

ファクス:044-201-3209

メールアドレス:61tisin@city.kawasaki.jp