スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

サイト内検索の範囲

板面着色絵馬 泉福寺境内相撲図

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2010年8月13日

板面着色絵馬 泉福寺境内相撲図

板面着色絵馬 泉福寺境内相撲図 1面

年代

江戸時代〔安政4年(1857)〕

法量

縦54.7cm 横70.2cm

所有者

泉福寺(宮前区馬絹2-9-1)

指定

市重要歴史記念物 昭和60年12月24日指定

解説

 泉福寺への奉納相撲の情景を画いており、「春川画 安政四年(1857)巳年十月吉日 願主当所 都倉氏」という墨書銘があり、画家名・制作時期ともに明確な絵馬として資料的価値が高い。
 その他、川崎市内に伝わる絵馬には、東明寺の酒造図、影向寺薬師堂の武者絵、左右相称に「め」印を描き眼病治癒を願う絵馬を奉納した土着風俗信仰を反映する作例などが見いだされる。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 教育委員会生涯学習部文化財課

〒210-0004 川崎市川崎区宮本町6番地

電話:044-200-3305

ファクス:044-200-3756

メールアドレス:88bunka@city.kawasaki.jp