スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

海苔裁断機・ノリノツメ(のりさいだんき・のりのつめ)

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2004年11月8日

コンテンツ番号5838

生活>食>水産

所在地

川崎市川崎区殿町1‐17‐19

所有者

川崎市立殿町小学校

海苔裁断機・ノリノツメ

海苔裁断機・ノリノツメ

採取してきた海苔を細かく刻む道具です。それまでのツキボウチョウ(突き包丁)などに代わり、昭和10年ごろから使われるようになりました。ひき肉機と同様の機械で、上部の受け口から海苔を入れハンドルを回すと内部のスクリュー型の刃が回転して海苔を刻み、手前の排出口から出てくる仕組みです。ハンドルは最初は手で回す手動式でしたが、次第にモーターを取り付けた動力式になりました。手前の手の形をしたものは、ノリノツメとかスッカケと呼ばれる竹のフォークです。生海苔をまな板に乗せたり裁断機に入れるときに、素手でつかむと海苔が腐りやすい、包丁を握る手が滑る、危険だなどの理由で、こうした道具を使いました。

一般公開 有(要事前予約)

お問い合わせ先

川崎市立殿町小学校

電話:044‐266‐4886

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 経済労働局産業政策部企画課

〒210-0007 川崎市川崎区駅前本町11-2 川崎フロンティアビル10階

電話:044-200-2337

ファクス:044-200-3920

メールアドレス:28kikaku@city.kawasaki.jp