スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

タケキリ・ツンナグリ・セーオトシ(たけきり・つんなぐり・せーおとし)

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2004年11月8日

コンテンツ番号5866

生活>食>水産

所在地

川崎市川崎区殿町1‐17‐19

所有者

川崎市立殿町小学校

タケキリ・ツンナグリ・セーオトシ

タケキリ・ツンナグリ・セーオトシ

斜めに立てかけられた4本の棒状の道具は、右から順にタケキリ、ツンナグリ、ツツサキ、セーオトシといいます。いずれも網ヒビ(海苔網)の支柱を抜いたり補修したりするための道具で、昭和20年代から40年代にかけて使われました。浜が埋め立てられて漁場が沖へ移動し、深い所で作業をするようになると、こうした作業はオオブネの上からポンプやウィンチ、ボウヌキガマなどを使い、2~3人で行われるようになりました。タケキリとツンナグリは、使えなくなったり途中で折れてしまった支柱を、切り取ったり突き切ったりするために用い、ツツサキはポンプの先に付けて水圧で土中に穴をあけるために使いました。セーオトシは棒の先端についた鉄の金具で、支柱についたフジツボを削り落とす道具です。フジツボのことを方言でセーツコロ(あるいはセーコロ)と呼んでいました。

一般公開 有(要事前予約)

お問い合わせ先

川崎市立殿町小学校

電話:044‐266‐4886

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 経済労働局産業政策部企画課

〒210-0007 川崎市川崎区駅前本町11-2 川崎フロンティアビル10階

電話:044-200-2337

ファクス:044-200-3920

メールアドレス:28kikaku@city.kawasaki.jp