スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

タテマンリキのマクラ(たてまんりきのまくら)

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2004年11月8日

コンテンツ番号5876

生活>食>水産

所在地

川崎市川崎区殿町1‐17‐19

所有者

川崎市立殿町小学校

タテマンリキのマクラ

タテマンリキのマクラ

木ヒビや竹ヒビを抜くための道具で、単にマンリキ(万力)と呼ぶこともあります。2枚の板の間に石やセメントのオモシを挟み、上部にU字型の金具が取り付けてあります。タテマンリキとは先端に竹を挟めるようにハサミ形の金具をつけた、長さ4m近くもある樫の棒です。この棒でヒビの根元を押さえてから、手元の方からマクラの金具を通して先端の方に滑らせていき、このマクラを支点に棒に全体重をかけて押し下げ、ヒビを抜き取りました。明治~大正、昭和10年代まで使われましたが、昭和20年ごろから海苔養殖場が沖合いの深いところに移動すると、船上からポンプやウインチを使ってこの作業をするようになりました。

一般公開 有(要事前予約)

お問い合わせ先

川崎市立殿町小学校

電話:044‐266‐4886

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 経済労働局産業政策部企画課

〒210-0007 川崎市川崎区駅前本町11-2 川崎フロンティアビル10階

電話:044-200-2337

ファクス:044-200-3920

メールアドレス:28kikaku@city.kawasaki.jp