現在位置:

幸区 寺子屋ひよし(日吉小学校)

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2018年9月12日

幸区 日吉小学校 寺子屋ひよしの様子

平成30年6月17日(日)空力翼艇をとばそう

日本宇宙少年団横浜分団の藤島徹先生をお招きして 床の上を浮いて走る「空力翼艇」(ホバークラフト)を作りました。輪ゴムをひっかけて床の上を滑るように飛んでいきました。

空力翼艇の話を聞いている様子
空力翼艇を作り始めている様子
空力翼艇を飛ばしている様子

平成30年2月24日(土)プログラミングってなんだろう?

プログミングを身近に感じてもらうために、株式会社DeNAさんの協力をいただいて、体験活動を実施しました。DeNAさんが開発したプログラミング用のソフトで、一人ひとり好きなキャラクターを選んで、命令を与え、動かすというプログラミングに触れて楽しみました。

プログラムを説明しているところ
プログラムを考えているところ
プログラムを説明してもらっているところ

平成29年9月20日(水)「モーター」ってどんなもの?

昨年度に続き、日本電産株式会社の中央モーター基礎技術研究所での体験型学習教室です。まずはグループに分かれて3つの部屋を見学しました。特に無響室での音の聞こえ方に、3年生はびっくりしていました。クリップモーターづくりでは、完成した子が「もっと速く回るにはどうすればいいのか」と考え、工夫している姿が見られました。




平成29年7月22日(土)ひかり通信を体験しよう

慶應義塾大学理工学部の山中直明教授を講師に迎え、科学実験教室が開催されました。光で声を伝える糸電話づくりを体験しました。100円均一のお店で売られているものを材料に、分解したりつなげたりしながら、ふしぎな糸電話を完成させました。自分の声がラジカセから聞こえたときは、歓声があがっていました。




平成29年6月18日(日)水ロケットを飛ばそう

日吉中学校をお借りして、今年もJAXAのコズミックカレッジ「水ロケット」にチャレンジしました。今年も藤島徹先生にお越しいただき、楽しい活動ができました。


平成29年度の学習教室は6月7日(水)開講

今年も「寺子屋ひよし」学習教室が始まりました。3年生と4年生あわせて49名の登録がありました。3年生と4年生が隔週で学習教室に参加し、プリントを使って算数の復習をしています。

平成29年2月1日(水)研究室ツアーとモーターの作り方教室2

9月に実施した日本電産株式会社での体験型学習教室の第2弾です。前回と同様に、グループに分かれて無響室+分析室+造形室、可動展示物の見学をしたあと、1人ひとつずつクリップモーターを作りました。人が乗れるドローン開発のお話など、今回も子ども達の夢が膨らむ体験をさせていただきました。




この他にも28年度は、慶應義塾大学による「科学実験教室」(11月)、佐伯栄養専門学校による「朝ごはんをつくってみよう」(12月)、地域の先生による「書道キッズになろう!」(12月)、海洋研究開発機構JAMSTECによる「海洋探査」(1月)、DeNAによる「ネットコミュニケーション」(2月)などを実施しています。

平成28年9月28日(水)研究室ツアーとモーターの作り方教室

新川崎にある日本電産株式会社の研究所へ出掛けての体験型学習教室です。小学生でも分かりやすいモーターの説明や、グループに分かれての研究室の見学コース、モーター作りのプログラムなど、日吉小学校の子ども達のために、たくさんの準備をして見学を受け入れていただきました。




平成28年7月9日(土)31日(日)水ロケットを飛ばそう

昨年に続き、日本宇宙フォーラムの藤島徹先生をお招きし、水ロケットに挑戦しました。宇宙のお話を聞いたあと、先生のお話をよく聞きながらロケットを完成させました。が、あいにくの雨のため安全確保を最優先し、打ち上げは7月30日に行いました。打ち上げ当日は好天に恵まれ、ロケットを空高く飛ばすことができました。



平成28年6月8日(水)学習教室スタート

今年度の学習教室は3・4年生53名でスタートしました。

平成27年10月17日(土)ひかり通信を体験しよう!

慶応義塾大学理工学部の山中直明先生と慶応大学の学生さん達にご指導いただいて、親子で、光で声を伝える糸電話づくりに挑戦しました。




この他にも27年度は、かわさき市民アカデミーによる「燃料電池を作ろう」(7月)、サーフライダーファウンデーションジャパンによる「海辺の教室」(7月)、地域の先生による「書道キッズになろう!~子ども書初め講座~」(12月)、海洋研究開発機構JAMSTECによる「海底探査へ行こう」(1月)などを実施しています。

平成27年9月16日(水)鉄道と情報ネットワークの秘密を探れ!

JR東日本から講師をお呼びして、SUICAの秘密や乗車のマナー、事故が起こったときのお話を通して、情報ネットワークについて学びました。当日、JRから踏切にある警報装置、ホームにある緊急停止ボタン、緊急車両をもってきてもらい、ブザーを鳴らしたり見学をしたりしました。




平成27年9月12日(土)水ロケットを飛ばそう!

直前まで雨で開催が心配されましたが、当日はとてもよい天気になりました。横浜宇宙少年団の藤島徹先生をお呼びして、水ロケットに挑戦しました。講師の先生から宇宙のお話を聞いた後、ロケットに製作にとりかかりました。先生がお話しする注意点に気をつけながら子どもたち一人ひとりロケットを完成させ、いざ校庭へ!保護者の方に空気の装填を手伝ってもらい、発射するとすごい勢いでロケットが飛んでいきました。




平成27年8月8日(土)環境学習

杏林大学の先生をお呼びして、動植物と人間の生活の関連など、環境についての理解を深めました。




平成27年度学習支援は、6月3日(水)に開講!

3年生から6年生までの子どもたち71名が参加しています。寺子屋で用意した算数のプリントを使って学習を進めています。




平成27年2月14日(土)光が作る色の世界 ~LEDで遊んでみよう~

市民アカデミーの「キッズおもしろ実験クラブ」の皆さんを先生に「光と色」についての学習をしました。子どもたちは厚紙から手づくりで分光器を作り、分光器の中に写る虹を観察しました。蛍光灯の光と太陽光で虹に違いが出てくることに驚いていました。




この他にも、平成26年度は、地域の方による「書道キッズになろう!」(12月)、DeNAによる「ネットコミュニケーションってどんなもの?」(3月)などを実施しました。

平成27年1月17日(土)海底探査へ行こう

海洋研究開発機構(JAMSTEC)から許 正憲 先生をお呼びして、普段見ることのない深海の様子、そこに暮らす生き物など教えていただきました。また、発泡スチロール製のカップ麺容器に深海の圧力を加えるとどうなるかの実験も見せていただきました。




平成26年12月10日(水)学習教室に市長がいらっしゃいました!

市長が学習教室を見にいらっしゃいました。子どもたちの勉強をする様子を熱心に見学されました。子どもたちは、最初緊張をしていましたが、徐々に、市長に直接、添削をお願いする子ども達の列ができました。




平成26年11月29日(土) かさ袋ロケットをつくって飛ばそう!

JAXAから藤島徹先生をお呼びしてかさ袋ロケットを作りました。かさ袋を膨らませただけではなかなか飛びませんでしたが、はねをおしりにつけ、紙コップを頭にのせると・・。まっすぐ飛んでいきました。子どもたちは、どうしたらよく飛ぶようになるか考えながら作りました。




平成26年10月1日(水) 寺子屋開講!学習教室は毎週水曜日に開講しています

学習支援が開講しました。平成27年度は3年生以上の児童72名が参加しています。算数のプリントを中心にわからないところは寺子屋先生に教えてもらいながら学習を進めています。




このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 教育委員会生涯学習部生涯学習推進課

〒210-0004 川崎市川崎区宮本町6番地

電話:044-200-3309

ファクス:044-200-3950

メールアドレス:88syogai@city.kawasaki.jp