スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

現在位置:

(介護保険最新情報VOL.398)老人福祉施設等における医薬品の使用の介助について

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2014年10月6日

コンテンツ番号61840

(介護保険最新情報VOL.398)老人福祉施設等における医薬品の使用の介助について

 厚生労働省老健局高齢者支援課・振興課・老人保健課から、平成26年10月1日付け介護保険最新情報VOL.398の事務連絡「老人福祉施設等における医薬品の使用の介助について(老人福祉施設等への注意喚起及び周知徹底依頼)」が送付されました。

 今般、有料老人ホームにおいて、厳格な安全管理方策が必要なサリドマイド製剤についてサリドマイド製剤を服薬する患者である入居者とは別の入居者に対して使用の介助を行った事例が判明しました。老人福祉施設等で医薬品の使用の介助について、以下資料をご確認いただき、より適正な管理に努めていただきますようをお願いいたします

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 健康福祉局長寿社会部介護保険課

〒212-0013 川崎市幸区堀川町580番地 ソリッドスクエア西館10階 なお、郵便物の宛先は「〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地」としてください。

電話:044-200-2678

ファクス:044-200-3926

メールアドレス:40kaigo@city.kawasaki.jp