スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

サイト内検索の範囲

JFE歴史資料館 (JFEれきししりょうかん)

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2016年1月14日

コンテンツ番号29247

 JFEスチールの前身である日本鋼管(NKK)の歴史を物語る数多くの資料を展示する資料館。同社京浜製鉄所内で稼働していたトーマス転炉の模型をはじめ、実際に使用されていた作業服やヘルメット、日誌類などが展示されている。
 明治維新以降、「富国強兵」「殖産興業」の二大国策が掲げられたが、鉄鋼の多くは輸入に頼っていた。明治27(1894)年の日清戦争を機に官営八幡製鉄所が設立されたものの、軍需・官需が優先されたため、明治37(1904)年の日露戦争以降急増した民需に応えきれなくなったことから、民間製鉄所が数多く勃興した。日本鋼管もこの時期に日本初の鋼管専門会社として設立され、現在に至るまで日本の製鉄産業をリードし続けている。

JFE歴史資料館内

※非公開

資料所在地

川崎市川崎区扇島1-1
JFEスチール(株)東日本製鉄所(京浜地区)内

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 川崎区役所まちづくり推進部地域振興課

〒210-8570 川崎市川崎区東田町8番地

電話:044-201-3136

ファクス:044-201-3209

メールアドレス:61tisin@city.kawasaki.jp