スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

介護現場のための高齢者虐待防止教育システムについて

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2016年4月7日

コンテンツ番号65491

介護現場のための高齢者虐待防止教育システムについて

 養介護施設従事者等による虐待の発生要因としては、「教育・知識・介護技術等に関する問題」や「職員のストレスや感情コントロールの問題」が多く報告されているところです。

 ついては、高齢者虐待を未然に防止するための対策として、認知症介護研究・研修仙台センターが開発した「養介護施設従事者等による高齢者虐待の防止及びストレスマネジメント支援に向けた教育システム」の教材を掲載しましたので、養介護施設等の内部研修等において、積極的に御活用されますようお願いいたします。

※データ量が大きいためにダウンロードに時間がかかる場合があります。

関連記事

  • 介護保険最新情報VOL.418

    「高齢者虐待の防止、高齢者の養護者に対する支援等に関する法律に基づく対応の強化について」(平成27年2月6日付け厚生労働省老健局高齢者支援課認知症・虐待防止対策推進室)

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 健康福祉局長寿社会部高齢者事業推進課

〒212-0013 川崎市幸区堀川町580番地 ソリッドスクエア西館10階 なお、郵便物の宛先は「〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地」としてください。

電話:044-200-2679

ファクス:044-200-3926

メールアドレス:40kosui@city.kawasaki.jp