スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

運営状況点検書

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2017年8月29日

コンテンツ番号82149

運営状況点検とは

 「運営状況点検」とは、介護保険法に基づくサービスを提供している事業者の皆様が、自ら提供するサービスが指定基準等に適合しているかどうかを、自己点検により確認していただくものです。

 多くの設問がありますが、「毎年同じだから」と安易に回答するのではなく、1年に1回の機会に、自らの提供するサービス(業務)の内容を振り返り、指定基準等に沿った運営を行えているか、介護報酬の請求は適正かなどを確認してください。

 なお、運営状況点検は自己点検のため、点検書を提出する必要はありませんが、実地指導の際に事前提出資料として提出を求めたり、当日提示していただく場合がありますので、必ず作成しておいてください。

平成28年度運営状況点検の実施について

 平成28年度の運営状況点検書は、以下のとおりです。

 なお、総合事業(第一号訪問事業及び第一号通所事業)は、今年度の運営状況点検の対象外です。

居宅サービス

地域密着型サービス

施設サービス

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 健康福祉局長寿社会部高齢者事業推進課

〒212-0013 川崎市幸区堀川町580番地 ソリッドスクエア西館10階 なお、郵便物の宛先は「〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地」としてください。

電話:044-200-2910

ファクス:044-200-3926

メールアドレス:40kosui@city.kawasaki.jp