スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

腸管出血性大腸菌食中毒の予防対策等の徹底について

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2018年6月19日

コンテンツ番号98305

腸管出血性大腸菌食中毒の予防対策等の徹底について

 本年5月25日以降、埼玉県、東京都、茨城県及び福島県で報告されました腸管出血性大腸菌O157による食中毒・感染症のうち、6件については菌の遺伝子型が同一であることが判明しました。

 O157が検出された食材については、既に出荷自粛、自主回収の要請が行われていますが、厚生労働省医薬・生活衛生局食品監視安全課長から、腸管出血性大腸菌感染症・食中毒の発生及び拡大防止の観点から、「大量調理施設衛生管理マニュアル」にあります標準作業書に沿った対策を徹底するよう示されております。

 各施設等におかれましては、「大量調理施設衛生管理マニュアル」に沿った感染症・食中毒の防止等が徹底されているか今一度御確認のうえ、食中毒・感染症の防止に努めていただきますようお願いします。

 

腸管出血性大腸菌食中毒の予防対策等の徹底について

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 健康福祉局長寿社会部高齢者事業推進課

〒212-0013 川崎市幸区堀川町580番地 ソリッドスクエア西館10階 なお、郵便物の宛先は「〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地」としてください。

電話:044-200-2910

ファクス:044-200-3926

メールアドレス:40kosui@city.kawasaki.jp