スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

現在位置:

羽田連絡道路整備事業(多摩川スカイブリッジ)について

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2023年11月30日

コンテンツ番号97966

多摩川スカイブリッジ(羽田連絡道路)が開通しました

 川崎市殿町(キングスカイフロント)と羽田空港(羽田グローバルウイングズ)をつなぐ新しい橋「多摩川スカイブリッジ」が令和4年3月12日(土)に開通しました。

 多摩川スカイブリッジは、道路交通法で定める、排気量50cc以下(電動機の場合は定格出力0.6kW以下)の原動機付自転車の通行は不可になっております。なお、自転車は自転車道のみ走行可能となります。 

開通状況写真
開通状況写真

多摩川スカイブリッジ開通式を開催しました

 令和4年3月12日に多摩川スカイブリッジ開通式を開催しました。川崎キングスカイフロント東急REIホテルにて、挨拶、事業概要説明等を行った後、多摩川スカイブリッジ橋上にて、テープカット、渡り初めを行いました。市長は、「関係者、地元の方々に感謝、感謝の思い。」「日本の景気を牽引する両岸エリアをつなぐ橋になる。川崎の今、未来をつなぐ、そのような橋になることを心から祈っている。」と語りました。

開通式の様子
開通式の様子

多摩川スカイブリッジ完成パンフレット

景観に関わる検討会

 羽田連絡道路の工事を進めるにあたりまして、鋼桁の色彩などを検討する「(仮称)羽田連絡道路の景観に関わる検討会」を実施しましたので、お知らせいたします。

河川河口の環境アドバイザー会議

 「都市計画道路殿町羽田空港線ほか道路築造工事に関わる河川河口の環境アドバイザー会議」を実施しましたので、お知らせいたします。

第18回 都市計画道路殿町羽田空港線ほか道路築造工事に関わる河川河口の環境アドバイザー会議

第17回 都市計画道路殿町羽田空港線ほか道路築造工事に関わる河川河口の環境アドバイザー会議

第16回 都市計画道路殿町羽田空港線ほか道路築造工事に関わる河川河口の環境アドバイザー会議

第15回 都市計画道路殿町羽田空港線ほか道路築造工事に関わる河川河口の環境アドバイザー会議

第14回 都市計画道路殿町羽田空港線ほか道路築造工事に関わる河川河口の環境アドバイザー会議

第13回 都市計画道路殿町羽田空港線ほか道路築造工事に関わる河川河口の環境アドバイザー会議

第12回 都市計画道路殿町羽田空港線ほか道路築造工事に関わる河川河口の環境アドバイザー会議

第11回 都市計画道路殿町羽田空港線ほか道路築造工事に関わる河川河口の環境アドバイザー会議

第10回 都市計画道路殿町羽田空港線ほか道路築造工事に関わる河川河口の環境アドバイザー会議

第9回 都市計画道路殿町羽田空港線ほか道路築造工事に関わる河川河口の環境アドバイザー会議

第8回 都市計画道路殿町羽田空港線ほか道路築造工事に関わる河川河口の環境アドバイザー会議

第7回 都市計画道路殿町羽田空港線ほか道路築造工事に関わる河川河口の環境アドバイザー会議

第6回 都市計画道路殿町羽田空港線ほか道路築造工事に関わる河川河口の環境アドバイザー会議

第5回 都市計画道路殿町羽田空港線ほか道路築造工事に関わる河川河口の環境アドバイザー会議

第4回 都市計画道路殿町羽田空港線ほか道路築造工事に関わる河川河口の環境アドバイザー会議

第3回 都市計画道路殿町羽田空港線ほか道路築造工事に関わる河川河口の環境アドバイザー会議

第2回 都市計画道路殿町羽田空港線ほか道路築造工事に関わる河川河口の環境アドバイザー会議

第1回 都市計画道路殿町羽田空港線ほか道路築造工事に関わる河川河口の環境アドバイザー会議

環境モニタリング調査

 多摩川における干潟の保全・回復計画及び環境モニタリング計画に基づき実施した、環境モニタリング調査の結果を取りまとめましたので、報告いたします。

工事期間における総合評価書(平成29年度~令和3年度)

 羽田連絡道路整備事業における環境配慮の取り組みの一環として、多摩川における干潟の保全・回復計画及び環境モニタリング計画を作成しましたので、お知らせいたします。

多摩川における干潟保全・回復計画及び環境モニタリング計画

羽田連絡道路だより「はねれんだより」

 羽田連絡道路の工事の状況やお知らせをお伝えするため、羽田連絡道路だより「はねれんだより」を創刊しました。年4回(四季ごと)の頻度で発行しておりましたが、 多摩川スカイブリッジの開通に伴い、第18号をもちまして最終号とさせていただきました。

(仮称)羽田連絡道路の起工式典を開催しました

 羽田空港と川崎市殿町を結ぶ(仮称)羽田連絡道路の工事に先立ち、起工式典を開催しました。当日は、神奈川県知事や大田区長をはじめ、国や羽田空港を中心に多摩川両岸で活躍される関係機関の皆様のご臨席を賜り、まさに東京と神奈川両地域の重要なエリアの連携強化にふさわしい式典となりました。今後は、安全かつ周辺の環境に配慮しながら、着実に工事を推進してまいります。

「(仮称)羽田連絡道路 起工式典」開催概要及びリーフレット

自主的環境影響評価

手続きの経緯
平成28年  6月10日 自主的環境影響評価準備書説明会 
平成28年  6月11日自主的環境影響評価準備書説明会
平成28年10月  3日第1回環境影響評価審議会 
平成28年11月  7日第2回環境影響評価審議会 
平成28年11月14日自主的環境影響評価審査書公告 

自主的環境影響評価準備書あらまし

都市計画手続き

手続きの経緯
平成28年  5月26日 都市計画素案説明会 
平成28年  7月  2日都市計画公聴会
平成28年11月15日都市計画審議会
平成28年12月  5日都市計画変更の告示
平成29年  1月24日事業認可の取得(平成29年1月24日~平成33年3月31日)
令和  3年  3月26日事業認可の延伸(平成29年1月24日~令和  4年3月31日)

事業の目的

  国、東京都、大田区、川崎市等で構成する「羽田空港周辺・京浜臨海部連携強化推進委員会」では、我が国の国際競争力の強化に向けて、国家戦略特別区域の目標を達成するプロジェクトの一環として、羽田空港周辺地域及び京浜臨海部の連携を強化し、成長戦略拠点の形成を図るため、必要な都市・交通インフラ整備等に取り組むこととしています。                                        

 本道路を整備することによって両地区の連携強化を図り、ヒト・モノ・ビジネスの交流活性化など相乗効果を発揮することで、我が国の国際競争力を強化し、経済の持続的な発展に寄与することを期待するものです。

事業概要

 羽田連絡道路は、「2020年(平成32年)を目指した成長戦略拠点の形成を支えるインフラ」として、川崎市川崎区殿町三丁目の殿町地区と大田区羽田空港二丁目の羽田空港跡地地区を結ぶ都市計画道路です。本事業は東京都、川崎市及び国土交通省航空局が事業の施行者となり、川崎市が工事施工者として整備を実施します。

事業概要

路線名

施行箇所

工事延長

計画幅員

事業期間

事業費

川崎都市計画道路

3・4・29号

殿町羽田空港線

川崎市

川崎区殿町三丁目

東京都界

約590m

17.3m

平成28年度

令和3年度

約300億円

【内訳】

・橋りょう部:約260億円

 (東京都と川崎市で折半)

・川崎市側取付部:約40億円

(川崎市負担)

東京都市計画道路

補助第333号線

及び環状第8号線

神奈川県界

大田区

羽田空港二丁目

約280m

取組経緯

羽田空港周辺・京浜臨海部連携強化推進委員会

関連記事

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 建設緑政局広域道路整備室

〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地

電話:044-200-0436

ファクス:044-200-3979

メールアドレス:53koiki@city.kawasaki.jp