スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

平成31年4月フォトリポート

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2019年5月28日

平成31年4月25日 川崎市自主防災組織連絡協議会 総会に出席しました

川崎市自主防災組織連絡協議会のメンバーで記念撮影
式辞を述べる市長

川崎市自主防災組織連絡協議会の総会に出席し、防災活動の実績が顕著である団体を自主防災活動功労者として表彰しました。式辞では、「長年にわたる防災活動の取組に対し、深く感謝申し上げます。この表彰は、地域の皆様からの感謝状だと捉えていただきたい。公助には限界があり、大規模な災害が起きた時は、皆様の力が必ず必要になると感じています。個々の町内会、自治会、自主防災組織の結び付きが強くなることがますます重要となりますので、引き続き地域の安全安心のために皆様のお力添えをいただきたい。」と、述べました。

平成31年4月24日 第75回九都県市首脳会議に出席しました

九都県市の首長による集合写真
発言をする市長

東京都内で行われた第75回九都県市首脳会議に出席しました。市長は、「ホームレスになる可能性のある人の自立支援に向けた取組は、地域社会におけるホームレス問題の解決を目指す上で、広域的に対応を図るべき課題である」と発言し、九都県市共同で研究していくことが決定しました。

平成31年4月22日 新任課長研修を開催しました

 新任課長にメッセージを贈る市長

平成31年度新任課長研修を行いました。新たに課長となった職員に向け、「私たちが今どのような時代にいて、今後どのように変化していくのか、そして私たちはどうあるべきなのか、常にそういった時代認識を持ってほしい。部下の指導においても、その仕事の目的は何なのか、どうしてその手段でやっているのか、しっかりと説明し共有してほしい。そして改善すべき点があれば、皆さんが先頭に立って改善していくことを期待している。」とメッセージを贈りました。

平成31年4月17日 広報ラジオ番組「COLORFUL KAWASAKI」を収録しました

収録中の市長と松原江里佳さん

FMヨコハマの市広報ラジオ番組「COLORFUL KAWASAKI」(毎週日曜、午後6時15分から午後6時30 分OA)の収録が行われました。同番組は、パーソナリティの松原江里佳さんが、川崎市のさまざまな話題や取組にキャッチコピーをつけてPRするドラマ風ラジオ番組です。市長は、「ごみの減量」をテーマに、1人1日当たりのごみ排出量の少なさランキングにおいて政令指定都市で1位になったことについて、「ゴミ排出量が最少の1位という結果は市民の皆さんと頑張ってきた成果です。ごみの分別など減量に向けてさらなる積極的な御協力を!!」と呼びかけました。

平成31年4月16日 広報ラジオ番組(かわさきfor you)を収録しました

ANIMAMALLについて語る市長

川崎市広報ラジオ番組ラジオ日本(1422kHz)「かわさき for you」(放送日時:毎週金曜日、午後5時28分から午後5時33分)の収録が行われました。

「本日は飼育の日 ANIMAMALLかわさき」をテーマに、放送日4月19日の飼育の日に合わせて、中原区に移転した川崎市動物愛護センター(ANIMAMALLかわさき)についてパーソナリティとトークを繰り広げました。市長は、「気軽に足を運んでいただき、譲渡会にも参加して欲しい」と毎月第3日曜日に開催している保護動物の譲渡会への参加をリスナーに呼びかけました。

平成31年4月12日 とどろきアリーナで「大相撲川崎場所」が開催されました

鶴竜と白鳳と写真を撮る市長
挨拶をする市長

4年連続となる「大相撲川崎場所(地方巡業)」がとどろきアリーナで開催されました。新入幕後初の地元巡業となる川崎区出身の友風関には、会場からひときわ盛んな拍手が送らました。市長は、「毎年5月に開催される『こども相撲大会』をはじめ、他都市との交流など、さまざまな形で、相撲はこの川崎の地に広く根付いております。皆さん、ぜひ臨場感のある取組を楽しんでください。」と挨拶しました。その後、土俵上で勧進元の織戸四郎氏より川崎市への寄付金、市長から感謝状の贈呈が行われました。

平成31年4月10日 かわさきパラムーブメント推進フォーラムを開催しました

かわさきパラムーブメント推進フォーラムの様子
委員長を務める市長

かわさきパラムーブメント推進フォーラムを開催しました。フォーラムでは、パラムーブメントに関する取組や英国事前キャンプ受入について、意見交換を行いました。委員の皆様からいただいた意見や提案を踏まえ、パラムーブメントの推進と英国事前キャンプ受入に向けた取組をさらに進めていきます。

平成31年4月4日 川崎市立看護短期大学 第25回入学式に出席しました

入学生にエールを送る市長

第25回川崎市立看護短期大学の入学式に出席しました。「これから本市は超高齢化社会を迎え、医療・介護・生活支援を一体に行う地域包括ケアシステムの推進が重要になります。地域包括ケアシステムでは看護師の担う役割が大きいことから、皆さんも、お互いに支え合い仲間を大事にして学び合い、人間力を高めて立派な看護師になるよう頑張ってください。」と、80名の入学生にエールを送りました。

平成31年4月2日 定例局長会議を開催しました

定例局長会議の様子

市長、副市長、教育長、病院事業管理者、上下水道事業管理者、各局区長等が一堂に会する定例局長会議を毎週火曜日に開催しています。各局区の事務事業や政策的な課題等について情報共有や意見交換等を行うもので、この日は、「第2期川崎市女性活躍推進特定事業主行動計画」の策定など、7件の説明や報告がありました。なお、この会議は、軽量のパソコンを利用した「ペーパーレス会議」(紙資料を使わない会議)として実施しています。

平成31年4月2日 世界自閉症啓発デーにブルーライトアップしました

ライブ&トーク中の様子
挨拶をする市長

毎年4月2日は国連が定めた「世界自閉症啓発デー」です。自閉症のある方々について、社会全体の理解が進むよう、「癒し」や「希望」などを表したブルーライトアップが世界各地で行われます。

本市でもラチッタデッラ、川崎マリエン、ラゾーナ川崎プラザ、アトレ川崎のライトアップとともに、ライブ&トークを開催しました。

こうした意識啓発の取組を通じて、障害のある人もない人もお互いを尊重しながら、共に支え合う自立と共生の地域社会を目指してまいります。

平成31年4月1日 新規採用職員の発令式を開催しました

新規採用職員に激励の言葉を贈る市長
発令式の様子

平成31年4月1日付け新規採用職員の発令式を、産業振興会館で行いました。

市長は、川崎市職員として新たなスタートを切った207人に向けて、「川崎市の仕事は幅広いですが、全ての職種に共通しているのは、私たちは市民に一番近いところで仕事をしているということです。自分の仕事がどうあるべきなのか、常に自分に問いかけて、答えを出す努力をするということを日々積み重ねてほしいと思います。」と激励の言葉を贈りました。

過去のフォトリポート

平成30年度

平成29年度

平成28年度

平成27年度

平成26年度

平成25年度

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 総務企画局シティプロモーション推進室 ブランド戦略担当
〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地
電話:044-200-2297
ファクス:044-200-3915
メールアドレス:17brand@city.kawasaki.jp