スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

令和元年11月フォトリポート

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2019年12月2日

コンテンツ番号112188

令和元年11月25日 第5回川崎市議会定例会が開会しました

本会議の様子
提案説明を行う市長

第5回川崎市議会定例会が開会し、一般会計補正予算、川崎市差別のない人権尊重のまちづくり条例の制定やリハビリテーションセンター、公園などの指定管理者の指定など37議案の提案説明等を行いました。12月4日、5日には各会派からの代表質問を受け、12月18日に閉会の予定です。

令和元年11月22日 第12期プラチナ構想スクールで講演しました

熱く語りかける市長
講演会の様子

未来のあるべき社会像「プラチナ社会」の実現を目指し、本市をはじめ、全国の自治体や法人等が会員となっているプラチナ構想ネットワーク主催の第12期プラチナ構想スクールで講演を行いました。

全国各地から参加された自治体職員等へ「老若男女が全員参加」や「心もモノも豊かで」などを理想とする、プラチナ社会の実現に向けた本市の取組を具体的な事例を交えて紹介し、参加者が自身の自治体における取組の参考となるよう熱く語りかけました。

 

令和元年11月21日 第46回車座集会(幸区)を開催しました

中学生・高校生と語る市長
挨拶をする市長

11月21日、第46回車座集会(幸区)を開催しました。

今回は「幸区のミライを語り合おう~住み続けたいまち・さいわい~」をテーマに、将来のまちづくりの中心的役割を担う中学生・高校生が「まちにあったらいいもの」や「実現に向けて何ができるか」を語り合いました。

市長は、「これからも継続してみなさんの声を聞きながら、何らかの形になるよう、市政に活かしていきたいと思っています。また、今日をきっかけにして、みなさんにも自分事として、まちづくりに興味を持って参加してもらいたいと思います。実現できるかどうかは私たち次第です。」と述べました。

令和元年11月19日 第34回川崎市全町内会大会に出席しました


挨拶をする市長

川崎市全町内会連合会主催の「第34回川崎市全町内会大会」に出席し、永年にわたり地域のために尽力されてきた町内会・自治会長を表彰しました。式典の祝辞で市長は、「皆様のおかげで川崎市が成り立っていると実感しております。平常時や災害時の支え合いを高めるため、より一層市民の皆様へ、町内会・自治会に加入してくださいということを全力で訴えてまいります。」と述べました。

令和元年11月13日 第12回川崎国際環境技術展に出席しました

テープカットの様子
各国の大使館関係者と挨拶を行う市長

環境分野における優れた技術やノウハウを情報発信し、ビジネスマッチングの場を提供する「第12回川崎国際環境技術展」が開催されました。

今回は開催時期を例年の2月から11月に変更し、初めての秋開催となりました。市長が開会の挨拶を行ったオープニングセレモニーには、各国の大使館関係者など多くの方にお集まりいただきました。また、出展企業の先進的な環境技術の展示や秋開催を記念した「農」関連企画など、多くの来場者に見学、体験していただきました。

令和元年11月10日 かながわSDGsフォーラムinかわさきを開催しました

挨拶をする市長
かながわSDGsフォーラムの様子

「SDGs未来都市かわさき」として、SDGsの達成に寄与する取組を進めるため、市民、企業、団体等がそれぞれの立場でできることを考え、行動していくためのきっかけとすることを目的にフォーラムを開催しました。

市長は、「SDGsの17ゴールはわかりやすいため、今まではつながらなかった人達でも、同じゴールを目指していることが共有でき、パートナーがさらに広がるように感じる。ここで学んだことを、より多くの市民、企業等に広めていただきたい。」と挨拶をしました。

令和元年11月10日 INTERNATIONAL STREET FESTIVAL KAWASAKI 2019に出席しました

挨拶をする市長
参加者と記念撮影をする市長

「若い世代が集い賑わうまち」を目指し、川崎らしい地域資源である若者文化の発信により本市の魅力を高めることを目的として、ブレイキン、ダブルダッチといったストリートカルチャーのイベントである「INTERNATIONAL STREET FESTIVAL KAWASAKI 2019」を開催しました。

市長は、ブレイキン世界大会「SUPER BREAK」の表彰式にて、「川崎市は、ブレイキンをはじめとするストリートカルチャーをとても応援しています。川崎で開催されるこうした大会にたくさんの若者が挑戦してくれることを期待しています。」と述べました。

令和元年11月8日 第69回川崎市更生保護大会に出席しました

挨拶をする市長

犯罪や非行のない明るい社会を築くため、川崎市保護司会協議会、川崎市保護観察協会及び川崎市更生保護女性連絡協議会の主催による「第69回川崎市更生保護大会」が川崎市総合福祉センター(エポックなかはら)で開催されました。

市長は、長年更生保護活動に従事された保護司や更生保護女性会員13名の皆様に感謝状をお渡しし、その御功績に感謝の意を表しました。

令和元年11月7日 川崎市文化賞等贈呈式を開催しました

挨拶をする市長
表彰をする市長

川崎市文化賞・社会功労賞・アゼリア輝賞の贈呈式を川崎市国際交流センターで行いました。48回目を迎える今年度は、各分野で功績が顕著な6名の方が受賞されました。 

市長は、「このような素晴らしい業績のある方々が川崎市で活動いただいていることは大変ありがたいことです。この受賞を機にさらに私たちにお力添えいただきたいと思います。」と挨拶し、受賞者に各賞を贈呈しました。

会場には多くの市民の方や関係者が来場し、受賞者を祝福しました。

令和元年11月6日 第76回九都県市首脳会議に出席しました

首脳会議に参加する市長
他の首脳会議参加者と壇上で整列する市長

第76回九都県市首脳会議が東京都内で開催されました。

台風第19号等の犠牲者の冥福を祈り、黙とうを捧げるとともに、各都県市の被害状況の報告及び意見交換が行われました。

また、その後の首脳提案の中で市長は、「増加する法律での計画策定の努力義務等への対応は、働き方改革を進める上で、また、自治体の自主性及び自立性を高める地方分権改革を進める上で、検討が必要な課題であり、広域的な共通課題でもある。」と発言し、九都県市共同で研究していくことが決定しました。

令和元年11月5日 かわさきジャズ2019オープニングパーティーに出席しました

挨拶をする市長
市原さん、細川さんの演奏の様子

9月6日から市内各所でフリーライブやジャズクルーズなどさまざまなイベントを開催している「かわさきジャズ2019」。ホール公演が11月7日から17日まで開催されることに先立ち、ミューザ川崎シンフォニーホール市民交流室で、オープニングパーティーが開かれました。

当日は、ホール公演に出演する市原ひかりさん、細川千尋さんの演奏が披露されました。市長は、「今年のかわさきジャズは若手や女性アーティストが活躍してくれています。さらに多様性に富んだ川崎らしい音楽フェスティバルになるよう、皆様とともに盛り上げていきましょう。」と挨拶しました。

令和元年11月4日 まちのひろばフェス2019 まちを耕す~地域の居場所「まちのひろば」~を開催しました

トークセッションで話をする市長
まちのひろばフェス2019の様子

「これからのコミュニティ施策の基本的考え方」に掲げる、誰もが気軽に集える地域の居場所「まちのひろば」をテーマに、「まちのひろばフェス2019」を開催しました。

市長は、首都大学東京の饗庭(あいば)教授や地域で「まちのひろば」を実践している方々とのトークセッションに参加し、「まちのひろばは非常に抽象的な概念で、明確な要件を定めていません。不特定多数の人が気軽に立ち寄れ、安心する身近な地域や、どこかで社会との接点がある場所など、そこは空間でも出会いの場でも何でも正解です。それくらい柔らかく進めないといけない。」とまちのひろばに対する思いを語りました。

令和元年11月3日 第9回日本アンプティサッカー選手権大会2019に出席しました

試合の様子
試合に熱い視線を送る市長

障害者スポーツの一つであるアンプティサッカーの日本一を決める「第9回日本アンプティサッカー選手権大会2019」に出席しました。

本大会は、富士通スタジアム川崎、フロンタウンさぎぬまで開催。

全国から7チームが参加し2日と3日の2日間で、熱戦が繰り広げられ、「FC九州バイラオール」が3連覇を達成しました。

市長は、開会式で「今日は市民祭りと同時開催なので、ぜひ多くの人たちにアンプティサッカーを観ていただいて、盛り上げていただきたい。そのためにも、選手の皆さんにはいつも以上に素晴らしいプレー、ひとつひとつのプレーを頑張ってほしい。」と挨拶しました。

令和元年 11月2日 第42回かわさき市民祭りに参加しました

太鼓をたたく市長
記念撮影をする市長

「つくろうみんなのひろば」を合言葉に、第42回かわさき市民祭りを富士見公園一帯で開催しました。

市長は、開会式に出席し、挨拶の中で、市内にも大きな被害をもたらした台風19号などの災害に触れ、「このような時にこそ、市民の皆様が心を一つにして、前に向かっていくことが大切であり、この祭りが、良いきっかけになることを望みます。」と述べました。

また、市長は3日のパレードに参加し、本市のブランドメッセージのロゴマークと、かわさきパラムーブメントのロゴマーク入りの法被を着て、川崎駅前まで行進しました。

過去のフォトリポート

令和元年度

平成30年度

平成29年度

平成28年度

平成27年度

平成26年度

平成25年度

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 総務企画局シティプロモーション推進室 ブランド戦略担当
〒210-8577 川崎市川崎区宮本町1番地
電話:044-200-2297
ファクス:044-200-3915
メールアドレス:17brand@city.kawasaki.jp