長尾台遺跡

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2010年12月20日

縄文時代前期の住居跡

縄文時代前期の住居跡

住所

多摩区長尾6-11(ふじやま遺跡公園内)

交通案内

小田急線「向ヶ丘遊園駅」東口から市営バス溝06系統「第三京浜入口」行き、東急バス向02系統「二子玉川」行き、「長尾」下車、徒歩8分

地図

解説

 JR南武線宿河原駅の南方約800m、東西に主軸をもつ標高90mほどの舌状台地の上に長尾台遺跡があります。この台地の北側は急峻な崖で、多摩川の広い沖積低地が一望のもとに見渡せます。
 この遺跡は、宅地開発が計画されたために、遺跡の確認を目的とした第一次調査が、昭和45年(1970)夏に行われました。その結果、縄文・弥生・古墳時代の竪穴(たてあな)住居跡が約30軒発見されました。遺跡の主要な部分については、開発事業者の好意によって現状保存されることになりましたので、それ以外の区域を対象に、同年の冬と翌年の春の2度にわたって、事前の発掘調査が実施されました。
 この調査では、縄文時代前期の住居跡1軒、弥生時代後期の住居跡3軒、古墳時代の住居跡2軒の合計6軒の住居跡と溝状の遺構が発見されました。
 このうち、縄文時代前期の住居跡は、一辺が約4~5mほどの長方形をした竪穴住居跡で、中央よりやや西側によった床面には、底部を欠いた深鉢(ふかばち)形土器を埋めて炉にした埋甕炉(まいようろ)が設けられていました。また、この住居跡からは、スプーンの形をした珍しい土製品も1点出土しています。弥生時代後期の住居跡は、6~7mほどの大きさで、方形・隅丸(すみまる)方形・楕円形の平面プランをしていました。そのうち1軒からは、鉢や甕(かめ)の弥生土器といっしょに、土製の勾玉(まがたま)も発見されています。古墳時代の住居跡は、一辺が約4mほどの方形をした竪穴住居跡です。2軒の住居が重複して発見されましたが、そのうち一軒の住居跡の内部には、竈(かまど)が設置されていました。現在、長尾台遺跡の保存区は、ふじやま遺跡公園の中にあり、新しく整備されたこの公園は、市民のいこいの場として利用されています。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 教育委員会生涯学習部文化財課

〒210-0004 川崎市川崎区宮本町6番地

電話:044-200-3305

ファクス:044-200-3756

メールアドレス:88bunka@city.kawasaki.jp