スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

サイト内検索の範囲

絹本着色 愛染明王像

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2010年8月13日

絹本着色 愛染明王像

絹本着色 愛染明王像 1幅

年代

鎌倉時代

法量

縦90cm 横49cm

所有者

平間寺(川崎区大師町4-48)

指定

市重要歴史記念物 昭和40年11月2日指定

解説

 愛染明王は、人間のみにくい愛欲煩悩の姿を造形化したものであるが、その愛欲煩悩こそが仏果につながるものと説かれている。したがってこれを信ずるものは、自ら他者に敬愛され、災い転じて福となるとして不動明王につぐ信仰をもつ。
 像容は、三目六臂忿怒形で、頭上に獅子冠をいただき、身体は赤く、手に鈴、杵、弓、箙、蓮、珠をもち、赤蓮花上に趺坐する。載金を用いた荘厳は古様であり、鎌倉時代の制作と思われ、根来寺伝来と伝える。

 

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 教育委員会生涯学習部文化財課

〒210-0004 川崎市川崎区宮本町6番地

電話:044-200-3305

ファクス:044-200-3756

メールアドレス:88bunka@city.kawasaki.jp