スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

サイト内検索の範囲

絹本着色弘法大師像

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2010年8月13日

コンテンツ番号378

絹本着色弘法大師像

絹本着色弘法大師像 1幅

年代

室町時代

法量

  • 縦99.5cm
  • 横58cm

所有者

平間寺

川崎区大師町4-48

指定

市重要歴史記念物

昭和40(1965)年11月2日指定

解説

 弘法大師空海(774~835年)は真言宗の開祖、延暦23(804)年に入唐、密教の奥儀を求法、帰国後、教王護国寺(東寺)にあっての精力的な活動は深遠、広大で、弘仁7(816)年には高野山を開く。以来、大師信仰は今日に持続する。

 平間寺は、厄除弘法大師を本尊とし、「川崎大師=お大師さん」として名高い。

 弘法大師像は、絵画、彫像ともに真言八祖を含め、多数制作されている。茶色の僧衣を着け、椅子式牀坐に坐し、右手に五鈷杵を把って胸前に挙げ、左手は数珠をもって膝上におき、沓と浄瓶を伴う。

 箱書に「天保十三年壬寅年二月従高野山伝来 隆盛代」とあり、一部に損傷があるが完好の作品である。室町時代の制作と思われる。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 教育委員会生涯学習部文化財課

〒210-0004 川崎市川崎区宮本町6番地

電話:044-200-3305

ファクス:044-200-3756

メールアドレス:88bunka@city.kawasaki.jp