スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

サイト内検索の範囲

絹本墨画 梵字両界曼荼羅図

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2010年8月13日

絹本墨画 梵字両界曼荼羅図

絹本墨画 梵字両界曼荼羅図 1幅

年代

鎌倉時代

法量

縦124cm 横42.8cm

所有者

平間寺(川崎区大師町4-48)

指定

市重要歴史記念物 昭和40年11月2日指定

解説

 マンダラとは古代インドの梵語の音訳で、中国では輪円具足・集会等と訳されている。輪円具足とは環状の完全性を意味するが、密教では諸仏・諸尊、あるいは壇・板・絹・紙に画出し、仏陀の悟った菩薩の境地とその功徳を図示したものとして尊重され、教理の顕現として修法の対象とされたのである。
 本図は、二幅仕立ての両界曼荼羅図を上下に併せ一幅としたもので、上部に金剛界、下部に胎蔵界を配している。根来寺伝来といわれているが、中心の大日如来とその周囲の諸尊を種子としての梵字で書す筆法は古様を示し、鎌倉時代の制作と思われる。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 教育委員会生涯学習部文化財課

〒210-0004 川崎市川崎区宮本町6番地

電話:044-200-3305

ファクス:044-200-3756

メールアドレス:88bunka@city.kawasaki.jp