佐藤惣之助碑

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2010年12月20日

佐藤惣之助碑

佐藤惣之助碑

住所

川崎区富士見1-1-4(カルッツかわさき(川崎市スポーツ・文化総合センター))

交通案内

JR・京浜急行「川崎駅」下車、徒歩15分

地図

解説

佐藤惣之助

佐藤惣之助

 川崎市体育館前の花壇の中に詩人・歌謡曲の作詞家として有名な佐藤惣之助の句碑があります。この句碑は、昭和30年(1955)に川崎市文化協会が武者小路実篤に『華やかな散歩』の一節を揮毫(きごう)してもらい建立したものです。
 惣之助は、明治23年(1890)に川崎市川崎区砂子で父佐藤慶次郎、母うめの次男として生まれました。佐藤家は、川崎宿の本陣職を代々務めていた家柄でしたが、惣之助が生まれたときは雑貨商を営んでいました。
 彼は、明治36年(1903)に川崎小学校高等科を修業した後、東京麻布の商家に丁稚(でっち)奉公にいきましたが、同39年にその店をやめ、暁星中学仏語専科に学びました。
 丁稚奉公をしていた12歳頃から作詞をおこなっていた惣之助は、大正5年(1916)に処女詩集『正義の兜』を、翌年には『狂へる歌』を出版するなど生涯に20数冊の詩集を執筆しています。
 初期の詩は、白樺派の人道主義やホイットマンの民衆詩の影響を受けているといわれていますが、彼の生来の自由闊達(かったつ)で楽天的な性向は『華やかな散歩』『季節の馬車』や沖縄旅行をしたときのことをまとめた『琉球諸島風物詩集』にもっともよくあらわれています。
 このほかの著作としては、随筆・釣書・句集などがありますが、彼がより有名になったのは、コロンビアレコードの専属作詞家として作詞した『男の純情』『人生劇場』『人生の並木道』『青い背広で』『緑の地平線』などの歌謡曲がヒットしてからです。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 教育委員会生涯学習部文化財課

〒210-0004 川崎市川崎区宮本町6番地

電話:044-200-3305

ファクス:044-200-3756

メールアドレス:88bunka@city.kawasaki.jp