スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

現在位置:

平成31年度がんばるものづくり企業応援補助金(経営改善事業)の交付先決定について

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2019年5月23日

 川崎市では、日本の製造業を支える市内の小規模事業者の安定した経営活動の継続に資する取り組みに対して、経費の一部を助成します。

 このたび、申請のあったものについて厳正な審査を行った結果、計5件の交付を決定しましたのでお知らせいたします。

 

 

【交付先】

・株式会社高橋製作所

   事業名:エコアクション21の認証取得

   場所:株式会社高橋製作所内(宮前区馬絹3-10-36)

・株式会社東京エンヂニアリング

   事業名:生産工程改善(生産性向上)強化事業

   場所:株式会社東京エンヂニアリング内(中原区上小田中4-3-5)

・合同会社サウンドロープ

   事業名:WEB開発運用業務における、データ管理及び共有の改善による、生産性の向上

   場所:合同会社サウンドロープ内(中原区新丸子町765)

・株式会社応研

   事業名:自動車業界への新規開拓のためのISO9001認証取得

   場所:株式会社応研内(宮前区五所塚1-16-6)

・株式会社テレメディカ

   事業名:聴診事業拡大のためのWeb営業活動展開のコンサル導入

   場所:株式会社テレメディカ内(川崎区駅前本町11-2 川崎フロンティアビル12F)

          (順不同)

 

 

制度概要

募集期間

平成31年4月1日(月)より受付を開始します。

※締切は毎月末とし、予算額に達した月に募集を終了します。(予算額に達しない場合でも、令和2年1月31日(金)に募集を終了します。)

 ※今年度の募集は終了しています。

対象者

市内に事業所を有して1年以上事業を営む小規模事業者(ただし、1年未満でも市長の指定する施設等に入居している小規模事業者は対象となります)。

※小規模事業者とは、概ね常時使用する従業員数が20人以下の製造業者、5人以下の情報通信業者をいいます。

対象事業

経営改善事業(生産工程向上、人材育成、BCP策定、事業承継)

補助金の額

1件あたり上限50万円(ただし、予算の範囲内)

補助率

補助対象経費の2分の1以内

補助対象経費

生産工程向上

審査料、登録料、専門家謝礼、備品購入費

人材育成

旅費、会場使用料、講師謝金、研修受講料、委託費

BCP策定

専門家謝礼、備品購入費

事業承継

専門家謝礼、研修受講料

補助対象期間

交付決定日から令和2年3月20日まで

選定方法

書類審査を行い、交付先を決定します。

申請関係書類

提出していただくもの

  1. 補助金交付申請書【経営改善事業】(第1号様式)
  2. 事業計画書(第3号様式)
  3. 誓約書(第4号様式)
  4. 市民税納税証明書(直近3ヶ月以内に発行した原本。ただし、事業を営んでから2年未満の事業者については、申請時点で添付できる市民税納税証明書)
  5. 会社パンフレット(会社の経歴書)
  6. その他事業計画に基づく関係機関等(外部の研修機関、委託先、研修講師、依頼予定の専門家など)の概要がわかる資料

※提出書類は返却しません。上記以外に追加資料の提出を求める場合があります。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 経済労働局産業振興部工業振興課 ものづくり・ICT支援係

〒210-0007 川崎市川崎区駅前本町11-2 川崎フロンティアビル10階

電話:044-200-2324

ファクス:044-200-3920

メールアドレス:28kogyo@city.kawasaki.jp