スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

サイト内検索の範囲

絹本着色 毘沙門天像

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2010年8月13日

絹本着色 毘沙門天像

絹本着色 毘沙門天像 1幅

年代

鎌倉時代初期

法量

縦95.2cm 横53.5cm

所有者

平間寺(川崎区大師町4-48)

指定

市重要歴史記念物 昭和40年11月2日指定

解説

 毘沙門天図は「金光明経四天王護国品」に登場するインド北方を領有する天部多聞天の別称で、四天王の一人として北方の守護に任ずるが、財施の神として独自の信仰をもたれ毘沙門天という名で呼ばれるようになった。
 その姿は、多聞天と同様、甲冑に身をかため、塔を捧げ、鉾または宝棒をもつ。本図のように毘沙門天が独立して本尊として描出される場合には、脇侍として左に吉祥天、右に善膩師童子を侍らせる。これはインド説話では毘沙門天の妻が吉祥天で、善膩師童子はその子とする伝えによる。
 中尊を大きく表現した三尊形式であり、火焔を頭光風に背負い、着衣、持物ともに金泥を多用する艶麗な作品で、鎌倉時代初期の制作である。

 旧箱蓋墨書銘『毘沙門 菅承相御筆』
 添状『南部某町々持毘沙門堂本尊也 明治三十三年五月感得之』

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 教育委員会生涯学習部文化財課

〒210-0004 川崎市川崎区宮本町6番地

電話:044-200-3305

ファクス:044-200-3756

メールアドレス:88bunka@city.kawasaki.jp