スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

サイト内検索の範囲

紙本着色 両界曼荼羅図

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2010年8月13日

紙本着色 両界曼荼羅図 金剛界

金剛界

紙本着色 両界曼荼羅図 胎蔵界

胎蔵界

紙本着色 両界曼荼羅図 2幅

年代

江戸時代初期

法量

縦110cm 横92cm

所有者

平間寺(川崎区大師町4-48)

指定

市重要歴史記念物 昭和40年11月2日指定

解説

 両界曼荼羅は、金剛界と胎蔵界より成り、教理の説明または修法の対象とされ、金剛界は仏の力が一切の煩悩を打ち破ること、金剛(ダイヤモンド)のごとく強きことを表わし、胎蔵界はその妙力がまだ発露しないこと子の胎内にあるがごときを示したものである。
 両界ともに大日如来を中心に、金剛界は諸尊を周囲にめぐらした組織により、胎蔵界は諸尊の配置によって仏界を図示しているが、真理は金胎不二にあると解く。したがってその表現と内在の両世界を分析し仏格をもって図示したものといえる。そこでは、すべての仏、菩薩、天部、鬼神が包含されている。大日如来は文字どおり日輪(太陽)であり、万物万象の母にたとえられるのである。
 本図は、明治44年(1911)に寄進された作品で、江戸時代初期の制作である。

(箱蓋裏墨書銘)
 明治44年灌頂之砌 開壇者一同寄贈。
 隆運代

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 教育委員会生涯学習部文化財課

〒210-0004 川崎市川崎区宮本町6番地

電話:044-200-3305

ファクス:044-200-3756

メールアドレス:88bunka@city.kawasaki.jp