スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

リコー みまもりベッドセンサーシステム

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2021年3月31日

コンテンツ番号115458

認証年度 2019年度(KIS2019-18)

先読み介護による見守りシステム

リコー みまもりベッドセンサーシステム
リコー みまもりベッドセンサーシステム

製品価格 200,000円~※別途サービス利用料が必要

製品概要

リコー みまもりベッドセンサーシステムは、利用者様のベッド上の状態(位置、体動、姿勢など)と24時間の生活リズムを把握して、安心と健康生活を支援します。
・利用者様が安心・満足するケアを提供する介護スタッフを支援します。
・夜間など介護スタッフが少ない時間帯にも利用者様の状態が把握できます。
・利用者様の離床のタイミングがわかり、転倒・転落のリスクを軽減します。
・利用者様の安眠を妨げることなく、適切なタイミングでの訪室を実現します。
・ご家族様への詳しい生活状況の説明を支援します。
・利用者様の健康管理や排泄の自立に役立てられるなど、ケア品質の向上に貢献します。

開発背景

高齢者数の増加による超高齢化社会が到来する一方、介護職員の不足が非常に深刻な課題となっている。この状況の打破を目的とし、介護型ロボットの開発を実施した。

開発の意義

本製品の提供により、施設の利用者様の安全、ご家族への安心を提供すると共に、夜間帯勤務の介護職員に対する心理的・肉体的負荷の軽減を目的とする。この結果、利用者へのサービス向上や介護職員の働き方改革を促し、介護人員不足の改善への寄与を実現したい。

創意工夫

共同開発先であるミネベアミツミ株式会社の高性能荷重センサーと株式会社リコーのクラウドを使用したシステム技術のコラボレーションによる見守りロボット機器を実現。特に重心移動情報による利用者の姿勢や活動状況の把握アルゴリズム開発に注力した。

メッセージ

慢性的に人手不足に悩まされているのが介護業界。今後、労働力人口が減っていくこともあり、問題はさらに深刻化していく。そこで検討されている取り組みの一つとして、介護ロボット導入がある。弊社が提供する『リコー みまもりベッドセンサーシステム』の導入で、介護職員の見守りにかかる労働効率を上げると共に、離職の要因の一つになっている夜間勤務の肉体的・精神的の改善に寄与すると共に、余った時間を利用者へのサービス向上に使うこともできると考えている。

かわさき基準認証総合評価コメント

離床による転倒のリスクがある方、生活リズムの把握が必要な方の離床時の転倒の防止、ベッド上の状態を把握するために利用する製品として、迅速かつ正確に利用者の起き上がり・端座位・離床等が通知され、転倒・転落リスクが軽減するとともに、利用者の生活リズムが把握でき介護サービスの向上に繋がる効果があることは非常に評価できます。モニター評価においても「センサーの精度が高く、転倒リスクが軽減した」、「利用者の見えない生活リズムを可視化できる」、「体重を測定・記録できる機能は非常に助かる」との意見があるなど<理念5 活動能力の活性化>等において優れた配慮があるとの評価を受けました。<理念1 人格・尊厳の尊重>、<理念5 活動能力の活性化>、<理念8 ノーマライゼーション>等の優れた配慮を評価し、2019年度かわさき基準(KIS)認証福祉製品に認証いたします。

問合せ先

社名:リコージャパン株式会社

住所:東京都中央区築地5-6-10 浜離宮パークサイドプレイス

電話:050-3534-6667

FAX:03-6675-3120

会社ホームページhttps://www.ricoh.co.jp/bedsensor/外部リンク

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 経済労働局イノベーション推進室

〒210-0007 川崎市川崎区駅前本町11-2 フロンティアビル10階

電話:044-200-2334

ファクス:044-200-3920

メールアドレス:28innova@city.kawasaki.jp