スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

キャッシュレス決済の不正利用トラブル

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2021年12月25日

コンテンツ番号135952

相談事例

いいカモ

【相談事例1】

3日前に、〇〇ペイで利用限度額いっぱいの25万円が勝手に使用されていることがわかった。履歴を見ると15分間で10件の取引があったが、自分にはまったく覚えがない。今、この○○ペイを運営している事業者に調査を依頼しているが、まだ回答がない。

【相談事例2】

2日前に、自分が契約している携帯電話会社から「お支払いが確認できません」という内容のショートメッセージが届いた。URLをタップしたら料金確認画面になり、アカウントのIDとパスワードを入力した。今日、携帯電話会社から「5万円の商品が購入されました」とメールが届き、キャリア決済になっていることがわかった。2日前に届いたショートメッセージがフィッシング詐欺のメールで、IDとパスワードが乗っ取られ、誰かに勝手に買い物をされてしまったようだ。現在、携帯電話会社に事情を話して、調査をしてもらっているが「調査結果がわかるまで2、3か月かかる。警察にも相談するように」と言われている。返金されるだろうか。

アドバイス

てるみ~にゃ
  • 携帯電話料金と一緒に料金を支払ういわゆるキャリア決済や、〇〇ペイと呼ばれる二次元コード決済などのキャッシュレス決済で、身に覚えがない高額な請求を受けたという相談が急増しています。
  • キャッシュレス決済には、クレジットカードやプリペイドカードなどのプラスチックカードをレジで提示して支払う方法と、あらかじめスマートフォンにアプリをダウンロードし、レジではスマートフォンをかざして支払うスマホ決済などがあります。特に二次元コード決済(〇〇ペイ)の利用者が急速に増えています。
  • 事例2のように、フィッシング詐欺のメールがきっかけになり、アカウントのIDやパスワードを盗み取られる手口が多く見られます。
  • 事例1のように、過去にフィッシング詐欺に遭った覚えがないという相談者も増えています。フィッシングで誘導されたサイトが本物と見分けがつかないくらい巧妙で、相談者自身が詐欺に遭ったことに気がついていない場合や、自分のアカウントのIDやパスワードを盗み取られてから、高額な不正利用をされるまでにタイムラグがあり、いつどうやって自分の情報を盗み取られたかわからないというケースがあります。
  • 事業者から届いたメールにURLが貼ってあってもアクセスしないでください。届いたメールの送信元の事業者の正しいアプリやホームページに自分でアクセスして内容を確かめましょう。
  • クレジットカード情報やアカウントのID、パスワードの入力を求められても安易に入力してはいけません。
  • クレジットカード番号やアカウント情報を入力してしまった場合は、すぐにクレジットカードの利用停止やアカウント停止の手続きをします。
  • パスワードを入力してしまった場合、同じパスワードを使い回しているサイトがあれば、それらのサイトのパスワードを変更しましょう。
  • 不正な請求に気がついたら、すぐに不正利用された二次元コード決済の運営会社やキャリア決済の携帯電話会社、クレジットカード会社などに連絡しましょう。各事業者の利用規約等に則って補償されるかどうか判断されます。警察に届けるよう言われた場合は指示に従いましょう。
  • キャッシュレス決済は、現金を使わずに決済するので、被害に気づくのが遅くなりがちです。クレジットカードの利用明細や、二次元コード決済、キャリア決済などの利用履歴をこまめにチェックすることが被害を最小限に防ぐために有効な方法です。
  • キャッシュレス決済で不正利用に気がついた時には、すぐに川崎市消費者行政センターにご相談ください。

その他の相談事例

ここに掲載する相談事例は、当時の法令や社会状況に基づき、一つの参考例として掲載するものです。同じような商品・サービスに関するトラブルでも、個々の契約等の状況や問題発生の時期等が異なれば、解決内容も違います。困った時には、すぐに川崎市消費者行政センターにご相談ください。

相談窓口はこちら

【川崎市消費者行政センター】 電話044-200-3030
月~金曜日 午前9時から午後4時まで(金曜日は電話相談のみ午後7時まで受付)
土曜日    午前10時から午後4時まで(土曜日は電話相談のみ受付)
*日曜日・祝日・年末年始(12/29から1/3)を除く
*来所にてご相談希望の方は、事前に電話でご予約ください

相談窓口の詳細はこちら

「かわさき消費生活メールマガジン」配信中

「かわさき消費生活メールマガジン」では、いまどき相談事例を月1回、その他消費生活関連情報を不定期にお送りしていますので、ぜひご登録ください。

かわさき消費生活メールマガジンはこちら

※この情報は、近時における契約トラブルの未然防止を目的として提供しているものです。一定期間掲載した後、状況判断のうえ、順次削除いたします。

発行・編集 川崎市消費者行政センター
許可なく記事を転用することを禁じます。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 経済労働局産業政策部消費者行政センター 啓発係

〒210-0007 川崎市川崎区駅前本町11-2 川崎フロンティアビル10階

電話:044-200-3864

ファクス:044-244-6099

メールアドレス:28syohi@city.kawasaki.jp