スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

現在位置:

大雪、台風など自然災害の季節の契約トラブルに気をつけよう

ツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます

twitterでツイートする

2023年1月25日

コンテンツ番号147392

相談事例


【相談事例1】

事業者が、「雪の影響で近所に屋根の修理に来ているが、お宅の家の屋根の瓦がずれているのが見えた。無料で点検してあげよう」と言って訪問してきた。雪が降った後だったので心配になり、家の屋根に上って点検をしてもらった。撮った写真を見せられ、「ここの瓦がずれている。このままだと雨漏りするので今すぐ修繕工事が必要」と言われた。近所でもお願いしている業者なら安心と思って契約したが、今から考えると本当に自分の家の屋根の写真だったのか怪しい気がする。本当に必要な工事だろうか。

【相談事例2】

台風の翌日、突然知らない事業者から電話があり、「今、台風で傷んだ家屋の調査をして回っている。台風による被害は火災保険を利用すれば自己負担なしで修理ができるので自宅に伺いたい。修繕が必要なら保険会社への申請を代行をするし、工事業者も手配する」と勧誘された。ちょうど屋根や雨どいの状態が心配だったので、良い話だと思い、今日事業者に来てもらうことにした。家族が帰宅してこの話をしたら、火災保険の申請は誰でもできるし、紹介された工事業者が信頼できるのか心配だと言われて不安になった。電話番号がわからないので事前に断れない。事業者が来訪したらどうすればいいか。

アドバイス


  • 雪や台風などの自然災害が多い季節に、消費者の不安な心理を狙った悪質な訪問販売や電話での勧誘が増加します。
  • 事例1のように、無料で点検すると言って、屋根に上がり、写真を見せられても本当に自宅の屋根の写真かどうか、自分では確認できません。無料点検と言われた後に、「キャンペーン中なので今日契約すると割り引く」等と言われ、高額な工事を勧誘されて契約を結ぶことになるケースもあります。
  • その場では契約せず、家族や周囲の人に相談すると言って帰ってもらいましょう。「近所で工事をしている」と言われたら、どこで工事をお願いしているか慎重に確認した方が良いです。
  • 事例2のように「火災保険を利用できる」と勧誘されるケースも見られます。家の修繕が保険金ですべて賄えて、自己負担がないと言われたのに、実際には保険金よりも工事費用が高かったり、被害の程度によっては保険金が下りなかったりする場合があります。
  • 申請代行を依頼するために高額な手数料を請求されたり、解約を申し出ると、説明されていない高額な解約料を請求されるトラブルもあります。
  • 自分が加入している火災保険の申請は、自分で損害保険会社に連絡をすればできるもので、煩雑な手続きではありません。
  • 特定商取引法の訪問販売や電話勧誘販売に該当すれば、事業者は法定書面を交付する義務があり、消費者は法定書面を受け取ってから8日間はクーリング・オフが可能です。
  • クーリング・オフは、書面で通知する方法の他に、電磁的方法(ファックスやメールなど)でも申し出ることができます。
  • クーリング・オフ期間内であれば、工事等を開始していてもクーリング・オフが可能です。
  • 事例2のように、電話で来訪を承諾したものの、事業者の電話番号がわからず事前に断れない場合、事業者が来訪したとしてもドアを開けずにインターホン越しにきっぱりと断りましょう。

 

自然災害の後に訪問販売や電話勧誘販売で契約した住宅修繕工事でお困りの時は、早めに川崎市消費者行政センターにご相談ください。

 【参考】川崎市では、市民の皆様が消費者トラブルに遭わないようにするため、消費者の保護等に特に配慮した事業者と協定を結んでいます。

https://www.city.kawasaki.jp/kurashi/category/16-6-8-18-0-0-0-0-0-0.html

 その他の相談事例

ここに掲載する相談事例は、掲載時の法令や社会状況に基づき、一つの参考例として掲載するものです。同じような商品・サービスに関するトラブルでも、個々の契約等の状況や問題発生の時期等が異なれば、解決内容も違いますので、消費者行政センターにご相談ください。

相談窓口はこちら

川崎市消費者行政センター 電話044-200-3030
月~金曜日 午前9時から午後4時まで(金曜日は電話相談のみ午後7時まで受付)
土曜日    午前10時から午後4時まで(土曜日は電話相談のみ受付)
※日曜日・祝日・年末年始(12/29から1/3)を除く。
※来所にてご相談希望の方は、事前に電話でご予約ください。

相談窓口の詳細はこちら

「かわさき消費生活メールマガジン」配信中

「かわさき消費生活メールマガジン」は、相談事例や講座、イベント等の消費生活に関する情報を配信していますので、ぜひご登録ください。

かわさき消費生活メールマガジンはこちら

※この情報は、掲載時における契約トラブルの未然防止を目的として提供しているものです。一定期間掲載した後、状況判断のうえ、順次削除いたします。

発行・編集 川崎市消費者行政センター
許可なく記事を転用することを禁じます。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

いただいたご意見は、今後の当ホームページ運営の参考といたします。

お問い合わせ先

川崎市 経済労働局産業政策部消費者行政センター 啓発係

〒210-0006 川崎市川崎区砂子1-8-9

電話:044-200-3864

ファクス:044-244-6099

メールアドレス:28syohi@city.kawasaki.jp